◆あなたに贈る 日めくり人間革命◆
※今日一日このスピーチの実戦を心がけてください。
 あなたの人間革命に乾杯!
日めくり人間革命
◆音声◆
第1146回
2016-03-05
人の話をよく聞く(完)

<「責任」とは「応答」すること>
慈愛をもった政治家を!

 ともあれ、「聞く」ことはむずかしい。虚心に「聞く」ことを知っている人は、それだけで賢者です。
  「聖」という字も、耳をすませて宇宙の語る音声を聞くことを示している。そうできる徳を「聡」という。字に″耳″が入っている。「聞ける」人が聡明であるということです。
  とくに、リーダーは会員の皆さんの「声」に敏感に反応しなければならない。鈍感ではいけない。迅速に応じなければ。
  「責任」を意味する英語の「レスポンシビリティ」は、「レスポンド」すなわち「応答する」に由来する。民衆の声に、大誠実で「応答」してこそ「責任」者なのです。
――その意味では、あまりにも「無責任」な政治家が多すぎます。――
――″耳″が、もともと塞がっているとしか思えません。――
 だからこそ、民衆が大音声を上げなければならない。
  本来、民衆の声ほど、強きものはない。民衆の叫びほど、正しいものはない。民衆の怒りほど、恐ろしきものはない。
  観音菩薩は「三十三身」の身を自在に現すとされている。「梵王」「帝釈」の身にもなれば「小王」の身にもなると説く
(観音は、次の三十三身をもって、世を救っていくと説かれている。仏身、辟支仏の身、声聞の身、梵天の身、帝釈の身、自在天の身、大自在天の身、天大将軍の身、毘沙門の身、小王の身、長者の身、居士の身、宰官の身、婆羅門の身、比丘、比丘尼、優婆塞(在家の男性信者)、優婆夷(在家の女性信者)の身、長者、居士、宰官、婆羅門の婦女の身、童男、童女の身、天、龍、夜叉、乾闥婆、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、摩喉羅伽、執金剛神 法華経628頁)
  我ら民衆の声を聞き、声を観じ、観世音の慈愛をもった政治家が必ず出現するという依文です。また、そうさせていかねばならない。「民衆の叫び」が社会を揺り動かし、左右してこそ、「民主主義」なのです。
法華経の智慧  観世音菩薩普門品 第二十五章 
Click here to see your activities